コンソーシアム概要
OVERVIEW OF THE CONSORTIUM

東北・北海道からの起業復興

東北・北海道エリアから起業教育プログラムを推進するアントレプレナーコンソーシアム「EARTH on EDGE」では、東北大学(主幹校)、北海道大学、小樽商科大学、宮城大学、京都大学及び神戸大学と地域産学官金の関係機関と協働して、次世代アントレプレナー育成プログラム「EDGE-NEXT」 に取り組んでいます。

“EARTH on EDGE”とは、Entrepreneurial Action Renaissance in Tohoku and Hokkaido on Exploration and Development of Global Entrepreneurship for NEXT generation(次世代アントレプレナー育成プログラムで東北・北海道における起業活動の復興)の略です。

“EARTH on EDGE”では、機関共通の“実学精神”をベースに、東北および北海道エリアの機関大学6校と地域の関係機関の協力を得て、実践的教育プログラムによる人材育成事業を拡大します。

一例では、東北大学はジャパン・バイオデザイン東北プログラム、北海道大学はハルトプライズ、京都大学はオーリン工科大学との連携といった先進的カリキュラム等を導入。創造意欲とチャレンジ精神あふれるアントレプレナーシップの醸成を図ります。これらの取り組みに加え、東北大学、北海道大学、京都大学および神戸大学の世界最先端の基礎・応用研究力・成果の相乗的な連携を行い、“EARTH on EDGE”の理念や教育活動を地域から日本、世界へと広げ、課題解決に取り組み、主体性と創造性を養う教育プログラムで大学発のベンチャー創出を加速します。また小樽商科大学と宮城大学では、地域に根差したニーズの共有・分析を行い、東北および北海道における社会課題の解決に取り組んでまいります。

次世代へ向けた「 EARTH on EDGE 」の目指すヴィジョン

コンソーシアムにおいて育成を目指すアントレプレナー像は、地球環境や経済低迷、国内人口減少・少子高齢化等の社会問題に加え、地方崩壊の流れを阻止する地方創生・地域復興・日本新生を真剣に考え起業行動を起こせる人材である。そのため私達は「東北・北海道からの起業復興」(“Entrepreneurial Action Renaissance in Tohoku and Hokkaido”;略して“EARTH”)の社会的使命を理解し、地域の人・健康・食・文化・歴史等に新たな価値を創造して起業できる人材の育成を行う。キーワードは「地域の特色を活かした新産業創出」と「地域・日本活性化」と「グローバル新産業創造」とを挙げる。その目的達成の為の価値創造プラットフォームとして、“EARTH on EDGE”(下図)の旗印の下、産学官金(ベンチャー・海外機関を含む)等の連携を深め、教育と実践ができるエコシステムを構築・推進する。

例えば、東北・北海道の地域協働連携によるアントレプレナー育成(前記“EARTH”)の南北の軸に、EDGE先進・太平洋ベルト軸にある京都大学、神戸大学の加入によりEDGE教育の相乗化を加速して、グローバルEDGE人材育成を図り新事業創出を含む起業創出の加速を目指します。

ロゴに関しまして

アントレプレナーとして未来へ羽ばたく翼

新事業を通してアントレプレナーとして未来へ羽ばたく翼をモチーフに、事業名の頭文字である2つの「E」をビジュアル化したロゴマークです。両翼を構成する6つの羽根はそれぞれの大学を想起させ、各大学の相乗的連携により事業が実現されていくイメージを表現しています。スピード感と躍動感を示すシルエットとグリーンのアースカラーは、新たな価値創造を目指すフロンティア精神を発信します。