京都大学
Kyoto University

取り組み概要

地域・日本・世界の課題解決への社会実装を加速する事業化支援プログラムを展開、
大学発ベンチャー創出を加速します。

京都大学では基礎~実践までの教育プログラムの開発と起業エコシステムの強化に取り組み、起業人材の発掘育成、新事業の創造を推進しています。

代表的な取り組み

エントリー(基礎)プログラム
(モジュールE)

起業人材の裾野の拡大のための学部生を主対象としたプログラム。
上期、下期のレクチャーと、ゲストスピーカーによるキャリアセミナーを実施。

アドバンスド(応用)プログラム
(モジュールA2)

海外機関(Ecole Politechnique、Olin College of Engineering等)と連携し、事業アイデア創出等に資する最先端の教育プログラムを提供(英語)。

アクセラレーション(実践)プログラム
(モジュールD2)

起業済みもしくは起業予定の受講生を対象とし、起業経験者・専門家からのメンタリングの機会を提供することで、本格的な資金調達までをサポートするアクセラレーションプログラム。

総括責任者

木谷 哲夫

IMS 寄附研究部⾨ 教授

協力機関、その他参加機関等

海外大学

オーリン工科大学、Ecole Politechnique

企業等

有限責任あずさ監査法人、トーマツベンチャーサポート株式会社、株式会社三菱総研、一般社団法人芝蘭会、ASTEM(京都高度技術研究所)、NVCC(日本ベンチャーキャピタル株式会社)、京都大学イノベーションキャピタル